喪中の初詣は控えるべき?

喪中(喪に服している期間)は
初詣は控えたほうがいいのでしょうか?

 

一概に控えなければいけない
というわけでもありませんが、
状況にもよります。

 

結論、四十九日の間は、
神社への参拝は控えたほうが良いです。

 

理由⇒神社(神道)では、
なくなった方は不浄なものとして嫌う。
(死を穢れと考えますから)

 

気枯れ(けがれ)という言い方もしますね。
身内の死により悲しみで気力が
なくなる、落ちている状態と言う意味です。

 

でも、なぜ穢れ(けがれ)ていると
参拝してはいけないのでしょう?

 

それは、
「穢れは移る(伝染する)」
と考えられているから。

 

インフルエンザみたいですね( ̄ω ̄;)

 

ただ、神道で参拝を控える期間は
実は1年間ではありません。

 

忌中(きちゅう)の期間は控えるべき
なのですが、この期間って?

 

50日間です。
(四十九日が終わるまで)

 

対象は実の父と母が亡くなった場合なので、
そう考えるとけっこう短いですよね。

 

※ちなみに喪中は?1年間(最大で13ヶ月)です。

 

ただ、お寺は別です。

 

仏教では、亡くなった方は
仏様になるからです。

 

そもそもお葬式をお寺で行いますからね。
逆にお寺の場合は、しっかりお参りして
故人の冥福を祈るというのが大切です。
喪中の初詣はお寺で故人の冥福を祈りましょう。
ちなみに、年末に葬儀をして
四十九日が新年をまたぐ場合は
どうすればいいのでしょう?

 

考え方として、忌明けの50日が新年
になります。

 

そこまでの間は、年を越していない
と考えれば、新年の概念には反しません。

 

まあ、1月1日を新年と考えたほうが
気持ち的にはしっくりきますけどね。

スポンサードリンク