初詣とは

初詣とは、そもそも何のために
混雑している神社やお寺に行って
お参りするのでしょう?
初詣とは

 

初詣には、これから新しく始まる1年間が
良い年であるようにという
祈りがこめられています。

 

ちなみに、風水や占いだと
縁起の良い方位、方角って
年ごとに変わってきますよね?

 

自分が住んでいるところから見て
吉方位にある神社やお寺にお参りする
「恵方参り(えほうまいり)」
の習わしが残っている地域も。

 

また、年籠り(としごもり)
という昔からの風習が由来では
とも言われています。

 

その土地の氏神様をまつった
神社にこもり大晦日から
元旦にかけて豊作や家内安全を
祈願する行事でした。

 

大晦日(おおみそか)から元旦にかけて
神社にこもることが、時を経て
お参りする習慣へ変わっていったのかも
しれませんね(・ω・)/

 

 

初詣の人出が多いランキングを
みていくと?

 

1位⇒明治神宮(東京都)

 

2位⇒成田山新勝寺(千葉県)

 

3位⇒川崎大師 平間寺(神奈川県)

 

4位⇒伏見稲荷大社(京都府)

 

5位⇒熱田神宮(愛知県)

 

6位⇒住吉大社(大阪府)

 

7位⇒浅草寺(東京都)

 

8位⇒鶴岡八幡宮(神奈川県)

 

9位⇒氷川神社(埼玉県)

 

10位⇒太宰府天満宮(福岡県)

 

というような感じで、1位の明治神宮は
毎年変わらずもっとも多い神社
となっています。
(2位以下は順位変動あり)

 

 

初詣とはいつまでのお参りのことを
初詣(はつもうで)と言うのでしょう?

 

諸説あります。

 

1.元旦(=1月1日の朝)にお参りに行くこと。

 

2.三が日(1月3日まで)にお参りに行くこと。

 

3.松の内(1月7日まで)にお参りに行くこと。

 

もしかすると、江戸時代などの昔は元旦
だったかもしれませんね。

 

今はとてもじゃないですが、無理でしょう。
ただでさえ3日までごった返していますからね( ̄ー ̄;

スポンサードリンク